>>アイロンビーズ

スワロフスキービーズとチェコビーズ

★スワロフスキービーズ
スワロフスキービーズとは、オーストリアのスワロフスキー社が製造していることから名づけられたようです。

このビーズは酸化鉛が多く含まれ、透明度の高いクリスタルガラスを素材として使用されています。

このメーカーの均一なカット技術は高い精度の輝きを生み出しており、ファッション界などでもブランドものジュエリーとして注文を多く受けているなどとても高級感があります。

このビーズは高価で世界的にも人気があり、品薄状態が続いているそうなので入手が困難な状況です。


★チェコビーズ(チェコカットビーズ)
このビーズは、ファイアカットビーズ、ファイアボリッシュビーズとも呼ばれており、主にチェコで生産されていることからチェコビーズと言われています。

ファイアの名は、熱を加えてガラスをカットされていることから付けられているようです。カット面に丸みがあり優しい輝きが特徴です。

この種では、沢山の色・種類・大きさがありますが、生産時期によって微妙に大きさ・色の違いがあるそうです。

スワロフスキービーズに比べて安価で入手しやすいようです。

ビーズとは?

ビーズとは、装飾や手芸などに用ための穴の開いている小さな玉をいい、色々な形・材質などの種類が存在します。

現代では、手芸、遊びといった用途で使われています。


形状について

主な形状として、シードビーズ、ソロバン玉、ナツメ型、球形、花形・立体花、スクエアがあり、玉には穴が開いています。

球形や円筒形の物が多いが、花形、星形、ハートなど、色々な形があります。大きさでは比較的直径が10mm以下のものが多いようです。

材質について

プラスチックが多いが、ガラス、石、陶器、粘土、アルミニウム、貝殻、天然石、真珠、角、骨で作られたものも中にはあるようです。

用途について

主に、ブラウスドレスなどの衣服、鞄、靴、ネックレスやイラリング、指輪といった小物などアクセサリー、玩具(アイロンビーズや万華鏡など)として用いられています。

ビーズは装飾、手芸用品、子ども用玩具として販売され、アクセサリーを作ったり、衣服への縛り付けや縫い付、紐を通すことで立体形状を作ることもできます。

ビーズは主に、日本、チェコ(ボヘミア)、ベネチア、インド、フランス、ドイツ、中国、アフリカなどで作られ、その呼び名の中には

・スワロフスキービーズ 
・チェコビーズ     
・グラスビーズ     
・ベネチアンビーズ    
・天然石ビーズ     
・パールビーズ     
・ラインストーン    
・キュービックジルコニア

などがあります。物によってはクリスタルを含んだものなど、宝石のような輝きを放つ美しいビーズもあります。

人気キャラクター

子どもにとっても手軽に出来るアイロンビーズはやはり、キャラクターものが人気ありますよね。

その中には、アニメ、ゲーム、仮面ライダーや、ウルトラマンなどのヒーローものが多いようです。

アイロンビーズで子どもが好む主なものには


ポケモンのピカチューなど
たまごっち
アンパンマン
マリオ
ディズニーのアリエル、ミッキーなど
シナモン
ボウケンジャー
プリキュア
プリンセス
どうぶつの森
ワンピース
リラックマ
ケロロ軍曹
ウサハナ
きらりんレボリューション
仮面ライダー カブト
ドラゴンボール


などがあり、これらのアニメやゲーム中に登場するキャラクターをアイロンビーズで作ろうとする子どもが多いようです。

中には、ディズニーなど昔から人気のあるキャラクターもいます。

これらの中には、アイロンビーズの製作キッドとして売られているものや、既に絶販しているのもあるようです。

キャラクターものは、その時期にもよって流行りなどもあるようですが、ポケモンやディズニー、たまごっちは根強い人気を誇っています。

その人気からも、幼稚園や保育園での保育活動、養護施設や老人福祉施設などの福祉施設でリハビリにも使われているそうで、その用途は以外にも幅広いようです。

たまごっちはかわいい

たまごっちのアイロンビースも大人気です!たまごっち、たまごっち2のセットは売り切れ続出となっていますね。オークションで出品している人もいるくらいです。

たまごっちはその可愛いキャラで、子どもに大人気。家族で一緒に作って遊ぶ人が多いですね。

ござるっち、 いちごっち、 ふらわっち、 まめっち、 なぞっち、 たらこっち、くちぱっち、うーるっち、どろっち、サンタクロっち、ごっち大王、めめっちと、キャラクターの多さも魅力的です。

もしたまごっちセットが手に入らなければ、どこかでたまごっちのイラストを手に入れ、作ってみるのもよいかも。

子どもへのプレゼントなどに、父さん、母さんが作ってあげても喜ばれること間違いなしです。カバンや、ランドセル、携帯へのマスコットとしても楽しめますね!

しかし小さな子どもがいる家では、作った後も油断はできませんね。アイロンビーズって、口でくわえるとボロボロになり、破片が口に入ってしまう可能性もありますよね。

「口に何かくわえている!せっかく作ったアイロンビーズが〜」とならならないように注意しましょうね!

ポケモン レシピ

大人気ポケモンのアイロンビーズを作りたい子どもは多いのでは?カワダから発売の「ポケモンパーラービーズ エメラルドセット」3,124 円を購入するという方法があります。

解説書が付いており、ピカチュウ、プラスル、レックウザ、デオキシスなど、様々なポケモンを作って楽しめます。

中身は、ビーズ(袋入り)約10,000P/全13色、四角透明大プレート1枚、丸透明小プレート1枚、アイロンペーパー1枚、説明書2枚です。対象年齢は5歳以上となっています。あとスチームアイロンをお忘れなく。

しかし、このポケモンセットは既にメーカーの生産が終了しています。お店でゲットするには難しいですよね。オークションなどで落札するしかなさそうですね。

そこで、どうしてもポケモンのアイロンビーズが作りたいのなら「kazunoko-life」というような、アイロンビーズファンのHPを訪れ、作品集を見てみましょう。

そこには、ポケモンの「ミュー」や「ルカリオ」といった完成した画像を載せています。それを右クリックで保存してしまいましょう。

その画像の下地に、プレートでビーズを配置していけば同じようなキャラクターが作れると思います。他にも、マリオ、プリキュア、仮面ライダーカブトといった子ども大好きキャラクターもあるのでお勧めです。

クリスマス レシピ

クリスマスの時期が近づくと、アイロンビーズでサンタや、ツリー、トナカイなどを作ってみたくなりますね(^_^)

自分好みのクリスマスモチーフで作るのなら、自分でデザインしたイラストを使うといいですが、自分でデザインするのが苦手なら、レシピを買うことも出来ます。

カワダから発売されている、「パーラービーズ ナイトメア・ビフォア・クリスマス」3150円がお勧めでしょうか。

これはその名の通り、ハロウィン(悪魔?)とクリスマスのアイロンビーズレシピ集です。

クリスマス作品集を作りたい人にはもってこいですね!ハロウィン柄はちょっと怖いので、小さい子どもは泣くかも?

また、フリー素材でクリスマスイラストを探してみるのも良いのではないでしょうか。イラストをアイロンビーズのプレートの大きさに縮小し、イラストの上に透明のアイロンビーズプレートの乗せればOKですね!

アイロンビーズファンの中にはブログを持っている方も多いので、クリスマスのアイロンビーズ作品集を探してみるのも楽しいですね。(^_^)

アイロンビーズは図案から

アイロンビーズの良いところは気軽に始められ、好きな図案から作ることが可能なことでしょうか。図案といってもどんなものを作ろうかな・・・迷ったりしてる人もいるのでは。

そんな人には、宝島社の「パーラービーズhappyアイデアブック」という図案集の本も書店で売られていますよ。

また、図案を全くのオリジナルで・・・と考えている人には、Windouwsのフリーソフト「アイロンビーズTool」というものもあります。

こちらは、画面上で色の点(ドット)を配置し、図を描いていくというイメージですね。子どもが作るには難しいので、大人がやってあげると良いです。

図案を買うという方法もあります。ポケモン、アンパンマン、たまごっち、プリキュアなどのキャラクター図案集プレートをyahooオークションに出品している方もいますのでチェックしてみるのも良いでしょう。

小さな子どもや初めて作る人は、トイザラスなどで売っている星やハートといったシンプルな図案プレートを買って来て楽しむのがいいですね。

図案プレートはパレットとも言われており、細かい突起があります。そこへ
ビーズを一つ一つ配置するので、それなりに忍耐が必要なります。

子どもの集中力向上にも効果ありそうですね!

アイロンビーズを始めてみよう

その名前だけを聞き、「アイロン ビーズ」って何だろう?と思う人もいると思います。

アイロンビーズはビーズ手芸の一つで、その名の通りアイロンを使って仕上げます。ビーズだけを呼ぶときは「パーラービーズ」とも言われます。

アイロンを使うのは、ビーズがプラスチックで出来ているため、溶かして接着するためです。

ビーズ手芸では、アクセサリーを作ったり服に縫い付けている人もいますが、アイロンビーズは子どもの製作遊びの一つとしても人気があります。

そのため、子どもが作りやすく楽しめるように、ポケモンやたまごっち、アンパンマンなどのキャラクターもの「パーラービーズキッド」と言うものがおもちゃ屋などで売られているそうです。

また、クリスマスなどの行事にちなんだものなどもあるかと思います。

キッドの中には、型プレートや型紙などとパーラービーズがセットになっているので、アイロンさえあればすぐに始められます!

アイロンビーズファンの中には、オリジナルの製作キッドをブログなどで売ってくれている人もいるので、探してみるのも楽しいかと思います。

小さな子どもが作るときは、大人がアイロンをかけてあげると良いでしょう。ちょっとした作品集を一緒に作るのも面白いですね!