>>アイロンビーズ

スワロフスキービーズとチェコビーズ

★スワロフスキービーズ
スワロフスキービーズとは、オーストリアのスワロフスキー社が製造していることから名づけられたようです。

このビーズは酸化鉛が多く含まれ、透明度の高いクリスタルガラスを素材として使用されています。

このメーカーの均一なカット技術は高い精度の輝きを生み出しており、ファッション界などでもブランドものジュエリーとして注文を多く受けているなどとても高級感があります。

このビーズは高価で世界的にも人気があり、品薄状態が続いているそうなので入手が困難な状況です。


★チェコビーズ(チェコカットビーズ)
このビーズは、ファイアカットビーズ、ファイアボリッシュビーズとも呼ばれており、主にチェコで生産されていることからチェコビーズと言われています。

ファイアの名は、熱を加えてガラスをカットされていることから付けられているようです。カット面に丸みがあり優しい輝きが特徴です。

この種では、沢山の色・種類・大きさがありますが、生産時期によって微妙に大きさ・色の違いがあるそうです。

スワロフスキービーズに比べて安価で入手しやすいようです。